★思ったこと | 京都府八幡市の学習塾海星学院のちーせんせい日記 

★思ったこと | 京都府八幡市の学習塾海星学院のちーせんせい日記  記事一覧

中学入試&大学センター試験

JUGEMテーマ:高校受験
こんばんは。

京都府八幡市の学習塾。海星学院のカンダです★。

いよいよ本格的に受験シーズン到来。今日は、中学入試の解禁日&大学入試センター試験です。

今朝、生徒が受験する中学校に激励に行ってきました。
写真を撮る予定が、車に携帯を忘れるという痛恨のミス(つд⊂)。
最近、老化現象か。こんなミスが時々・・・。

少し奥のほうで待っていたのですが、門の前の守衛さんに元気に「おはようございます」と聞き覚えのある声が聞こえたので。
振り向いてみると、いましたいましたヽ(*´∀`)ノ。
全受験生の中でいちばん元気なご挨拶でした。

励まして、会場を後にしました。

あの、元気な挨拶ができたので、大丈夫でしょう。
面接の練習もばっちりしましたからね(*゚▽゚*)。

その後、帰宅して爆睡。
寝たら絶対6時に起きられない自信がありましたので(笑)
朝まで起きていました。朝まで起きている方が自信があります。( ̄ー+ ̄)

毎年のことではありますが。(もういい加減聞き飽きているかもですが)

私の好きな言葉(フレーズ)の一つに。

「神様は確かに存在する。そして、辛いときには力を貸してくれる。でも、死ぬほど努力した人間にしか神様は力を貸してくれない。」

※元世界陸上マラソン日本代表、藤田敦史さんの言葉。

毎度毎度。毎年毎年。同じ言葉ですみません。

インターネットの「誰かが言った名言」にも記載されている。結構有名な言葉だと思います。

私は、努力せずに、文句だけ言う大人が大嫌いです。
努力もせず、さも全てを悟ったようにウンチクだけ言う大人も大嫌いです。
(※子供達には、これから色々な経験をして、努力することの意味、大切さを学んで大人になってほしい。)

高校受験・私立大学入試・国公立2次試験はもう少し先ですね。
皆さんは、死ぬほど努力できていますか?
もうダメだと諦めてはいませんか?

まだ、時間はあります。
残された時間で、諦めず死ぬほど努力(勉強してください)。

私は、奇跡があると思います。
でも、

奇跡は、死ぬほど努力した人間にしか起こらない


と思っています。

 

2015.01.17 Saturday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

塾対象説明会初参加

今日は、塾長と朝から初めて塾対象説明会なるものに参加してきました。
ワンピースを今日着ていたのはそのせいなのです。(去年の海星学院主催の個別相談会にもこのワンピース着たので、そろそろ説明会関係では着れなくなりそうな予感)

学校の説明などは詳しくは塾長からしていただくとして。。。(汗)

今日はひとつ勉強?いや、原点にかえるありがたいお話を頂いて帰ってきました。うん。塾対象説明会に行ったのか、自分が原点に戻りにいったのか。(滝汗)

校長先生のお話の中で
「我が高校では、真のエリートを育てたいと思っています。校内では「エリート」のことを「リーダー」と言ってます。」

「真のエリート、リーダーはえらそうに上から仕事を指示するものではなく、縁の下の力持ちでなければならない。そのためには目の前のこと(仕事)から逃げてはならない。目をそむけてはならない。そういった意味の真のエリートを育てたい」とおっしゃったのです。(大体こんな感じのお話でした。うまくまとめられていませんね。(汗))

だんだん大人になってくると、目の前のことから上手に逃げる人を見ることがあったり。またそうなってしまったり。残念ながらそういうことを日常で見てしまったり、やってしまったりするんですよね。
皆さんの日常であってもそんなことがあるかもしれません。「宿題をしなくちゃいけない」「でも、テレビもみたい」でテレビを優先してしまって、あとでしんどい思いをして宿題をやらなくちゃいけなかったり。

「目の前のことをきちんと逃げないで取り組む」とても簡単なことのようですが、とっても難しい。自分との葛藤だからなおさらなのでしょうね。

今日このお話を聞いて「やっぱり一つ一つコツコツやっていくことがだいじなんやな」って思いました。
コツコツやってそのときは結果が出ないかもしれないですが、必ず自分の力となってかえってくるに違いないですから。

今日伺ったのは世間では「エリート高校」と言われている高校(もちろん実際もそうなのですが)なのですが、こういった地道なところが大きな花をさかせているんだろうな〜。と感じました。

説明会に参加したのに、自分の心が洗われて帰ってきてしまいました。
もちろん、今日聞いた高校紹介のお話はおしみなく皆さんに出していきたいですし、その他の高校のことももちろん、おしみなく出していきますよ。

現在は中3の授業を担当していないので、中3の皆さんとはゆっくりお話したりする機会もあまりないですが、たいていは受付にいますので、近所のお姉さんに話すぐらいの軽い気持ちでいつでもきてください。大歓迎です★。

先日このブログにも書いていた「基本情報処理」の資格試験の勉強もより一層力をいれてできそうな。そんな気持ちになれました。
さてさて、そのためにはまずは壊れたパソコンの復旧作業からですね。がんばります。

2006.06.21 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

板の上

最近、夜毎日「おなかがへこむ腹筋体操」に励んでいます。約半月。少しずつではありますが、へこんできました。
勉強でもそうなんですが、効果が出始めると俄然ヤル気がではじめるもので。単純なもので私もますますヤル気になって日々腹筋運動に励んでいます。1☆年前は腹筋が割れているぐらい鍛えていたのですが、ここ最近たるみが著しいのでお腹体操にはげんでおります。
だいぶ腹筋体操に慣れてきたので、こんどはヒップアップ体操もくわえようかと。。(笑)鍛えて抜かれていた10代の頃が懐かしい。。。

昨夜は、自宅に戻りメールチェックした後、少し時間があったのでひさしぶりにビデオでも見ようかとスイッチを入れてぼけー。と見ていました。
ちなみに、私の部屋は妹と2つの部屋を、仕事部屋(妹は大学生なので勉強部屋ですが。)もうひとつを寝室にして使っています。

仕事部屋のほうはフローリングといえば聞こえがいいのですが、古い家なので板間です。ほんまに板です。
その板の上に座布団を枕代わりにしてゴロゴロ。
腹筋体操をしながら画面を眺めていたのですが。。。。

そのまま寝てしまいました。(汗)
気がついたのは朝。一晩中板の上で寝ていたのです。。。
おかげで今日は体が痛い痛い。
コンタクトレンズしたまま寝てしまいましたので、目もガビガビ。
いまいち寝た気がしませんでした。。。

いつもは大体夜中に目が覚めるのですが一度も覚めなかった自分に自分が一番びっくりしています。

2006.06.16 Friday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

★オリジナルテンプレート

ごちゃごちゃテンプレートをいじりたおして、オリジナル??(いや一部オリジナルですね)のテンプレートに作り変えました。
少しずつですが、改造方法が見えてきました。

実は、このブログにはアクセス解析がついています。
それは何を調べるかというと、どの国のどのプロバイダを使った人がこのブログにアクセスしているか?とか、どういうキーワードで検索してこのブログにたどり着いたかを調べることができるのです。

今日、何気にそのアクセス解析をみているとすごいことを発見しました(^o^)丿
YAHOOで「塾講師 一日」で検索するとこのブログが一番上に出てくることが判明!ビックリ(^^♪
というわけで、このブログを検索したいときはYAHOOでぜひ検索してくださいませ。(笑)

今日は、本校中1の授業でした。もうかれこれ1ヶ月ほど定期テスト対策に時間を割いています。
学校のペースよりもずいぶん先に進んでいるおかげ(春休みの集中授業による部分が大きいですが)で定期テスト対策にかなり時間を割く事ができました。
今日も、定期テストの過去問題をやったのですが(これで3回目・毎回違う中学校の過去問題を使用していたので毎回問題は違いますが)ほとんどの生徒が9割以上という結果で、95%以上という生徒も結構いました。
ちなみに1回目のみんなの出来は8割〜6割といった感じだったのでかなり短期間に点数アップできたのではないかな?と思います。
この調子で来週のテストがんばってほしいものですね。

さて、私ごとなんですが、私はいまあるパソコンの資格試験の勉強をしています。「基本情報処理初級」という試験です。
塾という仕事柄、夜にどこかに習いに行く事はできないので独学ですのでどこまで通用するかは?ですが。。。
パソコンの勉強のほうは、ここ数年はWEB・デザイン系・アクセスのデータベースばっかりでプログラム関係はずいぶんごぶさたなので、しっかりがんばらないと。。。と思っています。
目標は来年の3月に受ける予定です。9月にもあるんですが、海星学院主催の入試説明会やら、6〜8月は夏休み授業関係の仕事で仕事のほうがかなり忙しくなりそうなので、来年の3月にしました。

本当は不合格になったら、恥ずかしいので内緒で勉強していたのですが、自分に更にプレッシャーをかけるためにここにて発表することにしました。

私もがんばって今以上に勉強するので、生徒のみんなも「テストやしダルイ」とか言わないでがんばってくださいね★
私に向かって「大人はいいな〜。勉強しなくていいし」なんて絶対言わせませんよ。(笑)大人だっていつも勉強しているのですよ★

2006.06.08 Thursday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

★鼻血

またまた更新が滞っておりました。モゴモゴ
春先〜秋にかけてやたらひたすら、プライベートが忙しくなります。
まず、野球観戦おはな。ご存知の方も多いのですが、阪神ファンです。親が阪神ファンで、阪神まけたら機嫌悪くなる、読売の新聞の勧誘にきたら「わしは、阪神ファンやから〜。読売って聞いたら気分悪くなる」と追い返す。そんな家に育ったので勝手に阪神ファンになりましたイヒヒ。球場にもいそいそ足を運んでおります。
あとはF1。日曜のお昼にその週の授業の用意を済ませて、夜中にF1観戦です。今年は、ルノーが激強ですね汗。おそるべしアロンソ。これは野球と違ってマニアックな趣味ですね。。。一度でいいから生でF1見たいです。。
冬は冬で、マラソンやら駅伝やらで、一年中スポーツ観戦ですね。よく考えたらたらーっ

今日、授業の合間に職員室へ戻るとじゅくちょーがティッシュで鼻を押さえていました。
「鼻血がいきなり出てきた」
・・・・。そういえば最近、鼻血を突然出す子供っていなくなりましたね。
そんな子昔は結構いたと思うのですが。。。

塾長の鼻血でふと思い出しました。
私も、十●年前に突然鼻血を出したことがあったことを。

ちょうどこの時期です。中2になった私はクラス替えで初恋★の○○君と同じクラスになりました。それだけでも舞い上がる理由満々なんですが、なんとあろうことか、名簿順まで同じになったのです。(その頃は男女別の名簿順だったんです)
初恋★の○○くんは、あ○君。私は神田ですので、普通に考えたら名簿が同じになることはあまり考えられませんが、なぜか、そのクラスでは私が名簿一番だったんです。ちなみに二番目「し○さん」。バランス悪いクラスですね。
そのクラスでちょうど2日たった頃。国語の授業の時間でした。まだ班なんて決まってなくて名簿順のまま授業を受けていました。
と、そこで鼻水?と思われるものがたら〜ポロリ
初恋★のあ○君の隣なんでとっさにあせりましたが、あとの祭とはこの事。
ボタッ。落ちたのは鼻水ではなく鼻血ムニョムニョ
ありえないッ!
鼻血はとどまることを知らずボタボタ落ちてきます汗
おかげさまでカッターシャツは血だらけ。。。トホホプシュー
その初恋★の彼は助けてくれるわけでもなく、ぼーぜんパクッ

じゅくちょーの鼻血で一気に思い出しました。。。

その初恋★の彼とはどうなったかというと。
何にもありません汗
24歳の頃かな?同窓会があったのですが、もう、ありえないぐらいに自己中心的な大人になっていてガッカリしましたポロリ
淡い初恋★も同窓会で一気に冷めた思い出になってしまいました。

塾生の皆さんは、同窓会に行ったとき「素敵になったよね〜」と言われる大人にぜひなってください。
間違っても、初恋★の彼のようにはならないでね。(笑)

2006.04.18 Tuesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

英語教育

小学校で英語を必修授業とするらしい。
という記事を2・3日前にみかけました。
記事はこちらです。

うーん。確かに英語ははやく取り組めば取り組むほどいいらしい。いや、いいんです。
でも、その前に大切なことおいていかれているような気がします。

そう、日本語です。
日本語が正しく話せない若者が多いと言われ、小学校、中学校でもその傾向は顕著だと聞きます。
正しい日本語が書けない・読めない状態で、英語をすることに果たしてどのくらいの価値があるのか。
それよりも、日本語をきちんと話せるようにすることが大切なんじゃないのかな?と個人的には思うのです。
例えば目上の人には丁寧な言葉を使うとか。そういった基本的なところもおいてきぼりにされているような気がするのです。
私も100%正しい日本語が使えてるとは思いませんが、丁寧に話すようには心がけています。そう、心がけている人も最近は減ってきているんじゃないのかな〜。そう感じることも多いです。
そのあたりの教育をどうするかを述べた上で、英語教育について語るのが本当なんじゃないのかな?と思うのです。

この時期にいつも問題になる「君が代」問題。
歌ってもいいと思う人、やっぱり歌いたくないと思う人。人それぞれですし、それに関して私はどうこういうつもりはありません。
人それぞれ考えることはあるでしょうし、「君が代」の問題はそう簡単に理屈で割り切るのは難しいと思いますので。
私の子供の頃は、起立するかしないかは生徒にゆだねられていました。
今は起立しない先生には処分が下されるようですね。
その教育委員会の言い訳が「国際人として自分の国の国歌をしらないというのは望ましくない。だから全員を起立させるのです。君が代を歌いたい・歌いたくないという思いに対してどうこう言うつもりはありません」

じゃ、私は言いたいですね。「国際人として自国の言葉をちゃんとはなせないのはおかしいのではないか」と。

ちょっと、教育委員会とか文部科学省の言っていることは矛盾していると感じた「小学校英語教育必修」のニュースでした。



2006.04.01 Saturday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

何事も練習です

近年まれにみる花粉症でかなり鼻声です。
お電話いただいたお母様にはだみ声、セキの声でお話させていただいております。申し訳ございませんm(__)mこれでも昨日病院にいって薬をいただいてきたのでだいぶマシになったんですよ。


今日の授業終了後、カリスマ講師の山本先生から
「昨日、何時までいはったんですか〜?11時過ぎにライブカメラ見たらうつってましたよ〜」
「12時過ぎかな??成績表がちょっとあんまりすすんでなかったので」

今日は、早々と11時頃に塾を後にしました。
自宅に戻ってきて、帰る間際に印刷した月謝袋に入れる配布物を三つ折と六つ折りにしました。総枚数は400枚ぐらいかな?
2時間半かかりました。。。

うーん。毎月のことですが月末はバタバタしますね。

上の2つの仕事もじゅくちょーに「残業しなさい」とか言われているわけでもなく「家もって帰ってやって」と言われているわけでもありません。
あの配布物印刷しといてと言われたわけでもないです。
今までのミーティングの話の内容や先々の予定を考えるとやっておいたほうが絶対いいよな〜と自分の中の仕事の計画(授業を含む)と照らし合わせてやっているのです。
それでも、時間が足りないときがありますが。

この計画を立てて実行するというのは今日、いきなりやろうとして出来ることではありません。2●年生きてきて、あの時はもっとはやめにこうしてればよかったな〜ということの繰り返しがあって、自発的にできるようになったのだと勝手に思っています。

学校の定期テストや普通のテストって計画を立てる練習になっているんですよね。
テストの日というのはある程度あらかじめわかっています。
じゃ、テストまでの残り日数を考えてどのくらい時間が残されていて、その間どうやって、どう勉強していくか。勉強以外のこと(クラブやテレビや遊びなどなど)とうまく両立していくか?
自分で考えなければなりません。
考えてもはじめからうまくいくはずもなくて、当然時間が足りないことも出てきます。その時はその都度修正していくか、修正できなければ後日何がダメだったか(ここでテレビみてしまったな〜とか昼寝してしまったなとか)しっかり原因を突き止める。ダメだったことは反省する。
まさに、計画を立てる練習を長い学生生活の間をかけてやっていることになります。
テストは勉強だけじゃない、こうして人として生きていく為に大切なことも教えてくれるのです。うん。学校生活ってうまくできているな〜って関心させられます。

うまくテストを利用して計画上手な人になってください。



2006.03.29 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

合格おめでとうございます★

今日は京都の公立高校の合格発表でした★
合格された皆様おめでとうございますラブラブ

人生、谷あり山ありです。
今、順風満帆でも途中で転ぶことがある。いま転んでしまっても起き上がってまた走り出せば取り返せる。
要するに、起き上がって反省して走れるかどうか。努力できるかどうか。これが大切。人間は努力することが大切★です。

あと、勉強には無駄なところは1ミリもないのだということも。付け加えさせてください。

私はもともとは海星学院にはパソコンインストラクター&スタッフとしてはたらきはじめました。あれやこれやと年数がたち今ではお勉強も教えさせていただいています。
もし、私が「数学なんか絶対無駄じゃ〜」と思って勉強していなかったらこうはなっていなかったでしょう。

また、段々任される事務の仕事も多くなってきて経理なんかも少し塾長のお手伝いをさせていただいています。
これも学生のときに簿記の授業を受けていたおかげなんですが、当時は少なからず「簿記なんか、会社によって違うのやから別に勉強せんでもええんとちがうん?」という気持ちが多少ありました。でもそこできちんと勉強していたからいま経理の仕事を少し任せていただけているわけで。
そのとき無駄と思えることでも何十年とたったとき無駄ではなくなる時が突然やってきたりするのです。だから高校生になってもしっかり学んでください。(ここではあえて勉強という言葉は使いません)
そしてたくさんの引き出しを用意してください。そのたくさんの引き出しは自分の生活を人生を必ずうるおしてくれるでしょう。

逆に、私がパソコンインストラクターの仕事しかできない人間だったら。。。すでに私はこうしてブログを書いていなかったかもしれませんね。



2006.03.17 Friday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

おしゃれ度数

昨日、今日と中3の女の子に「今日はおしゃれやね〜」みたいなことを言われました。(^^♪
昨日は珍しくフリフリ、ベルバラのオスカル顔負けのフリルシャツにジャケットを。本日はインナーに黄色のニットを(パンツ・ジャケットは昨日に同じ)着ていました。
なるべくジャケットもしくはそれに近い物を着るように心がけています。(たまーにカーディガンのときもありますが)

私的おしゃれ?ではないのですが、服はあまり高価なものは着ていません。(笑・いきなりインナーにユニクロ1000円Tシャツとか着てたりするのでぜひズバリあててください。)あまり服のブランドとかに執着心はないです。
塾の先生は意外に重労働でアレ運んだりこれ運んだり。。トイレ掃除(お食事中の方おられましたら、すみません)したりと、けっこう肉体を使います。あとはホワイトボードのマーカーが袖についたりと結構汚れますのであまり高価なものだと汚れが気になって仕事ができなくなるので(笑)

これから春になるのでオレンジとかピンクとか着たいな〜と思っています。あとボーダーが流行するらしいので、インナーにうまく組み合わせたいと思っています。(だれもそんなん聞いてませんよね)

今日は塾の勉強と全く関係のない話ですみません。
でも、最近の中学生っておしゃれですよね〜。私たちが中学生のときって冬はみんなGパンにトレーナーみたいな服装でしたよ(笑)

2006.03.01 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

人生努力です

公立の推薦・前期選抜・適性検査の結果が出揃いました。
今年の中3は本当にがんばる子が例年以上に多くて、なんとか全員合格させてあげたいと、いつも以上に思っていたのですがなかなかそういうわけにはいきません。


じゅくちょーの日記を読んでいて改めて自分自身についてもちょっと考えたり、恩師の言葉が思い出されたりして色々自分について見つめなおす機会を塾生の皆さんから頂いたような2・3日でした。

私はなぜだかよくわからないのですが、学校の先生のアタリ(こういう表現が正しいのかどうかはわかりませんが)が非常によくて恩師とよべる先生が何人かいます。

その恩師の先生からずっと言い続けられていて、仕事をしているときにいつも頭にある言葉?があります。

「評価は自分でするものではない。評価は人がするものである。」

この先生の評価の話をすると長くなって何時間でも話せるのですが(笑)
言葉の真意はどれだけがんばったか、その結果がどうだったかについて自分で言い訳するものではない。それは人が評価するのであって、自分で「がんばったからまぁいいや」なんて自分で思うのはあくまで自己満足に過ぎない。というもの。

この先生はこんな厳しいことを言われていますが、がんばって結果がついてこなくても本当にがんばったと思えば「よくがんばった」というし、いまいちがんばってなくてでも結果が出たようなときは真剣に怒ってくれていました。そのときはいまいちピンとこなかったのですが、社会人になりその言葉の意味・重みが自分なりにわかってきました。

少し厳しい言い方をしますが、入試だと「合格」は受験した学校の中で努力が認められた、「不合格」だとそうではないということでしょうか。
もちろん、不合格の生徒のみんながどれくらいがんばってくれていたかは、担当した先生はもちろんのこと、じゅくちょーは私もよくわかっています。だから不合格のみんなにへの評価も「よくがんばりました」だと思います。

評価は人がするものです。だからこそ、人によってその評価は変わるのだと思うのです。自分で評価すると1つの評価しかでてこないですしね。

少し厳しい言葉を並べましたが。じゅくちょーのいうとおり、高校受験は社会に出て行くための第1ハードルにしか過ぎない。そのあと後ろからドンドン努力した人が追いかけてきます。先頭を走り続けるのは本当に難しい。逆に言えば挽回もまた可能だということ。
少し気がはやいですが、次は3年後。自分の目標としていたところよりも1ランクも2ランクも上へレベルアップ目指してまた走りましょう。

2006.02.23 Thursday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
Copyright © ★思ったこと | 京都府八幡市の学習塾海星学院のちーせんせい日記  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
京都府八幡市海星学院

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3